【嵐・二宮和也】2015年出演のドラマ・映画 松重豊の分析 彼女は?


嵐の二宮和也さんは2015年の映画出演が決まっているのは、山田洋次監督『母と暮せば』で、ドラマでは三谷幸喜脚本「オリエント急行殺人事件」に出演します。

WS000022

そして、松重豊さんから見た俳優としての二宮和也分析、二宮和也さんの恋愛遍歴なども少し調べてみました。
さて、2015年新春に始まるのが、「オリエント急行殺人事件」で、三谷幸喜最高傑作!と言えるでしょう。

WS000117

2015年1月11日(日)12日(月・祝) 夜9時 2夜連続放送!ですので、お見逃しなく!

見逃したドラマが無料で視聴できます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

<スポンサーリンク>ーーーーーーーーーーー


新春ドラマ「オリエント急行殺人事件」ですが、二宮和也さんは三谷幸喜の書く脚本を初めて演じるそうです。

三谷幸喜といえば大河ドラマ「新撰組」や映画「THE・有頂天ホテル」が有名ですね。
二宮和也さんは「自分’見ている側’の人間だと思っていたのですごくびっくりしています」と配役が決まって、語っていました。

<主なキャスト>
・野村萬斎
・松嶋菜々子
・二宮和也
・杏
・玉木宏
・沢村一樹
・吉瀬美智子
・石丸幹二
・池松壮亮
・黒木華
・草笛光子
・西田敏行
・佐藤浩市
など、豪華なメンバーです。

 

二宮和也さんが、SPドラマ『赤めだか』で談春役で主演することが決定しました(1/21現在)

WS000185

ドラマの原作は、談春さんのエッセー「赤めだか」です。
弟子から見た立川談志さんを、師匠として
天才といわれた人となりを思いつくまま、綴っています。

WS000207

立川談志さんは、2011年11月に75歳で、
喉頭癌で亡くなられましたね。

その立川談志さんを演じるのが
ビートたけしさんなのです。

意外にもたけしさんは
落語家役には初挑戦で、
二宮和也と共演するのもはじめてなのだそうです。

さて、二宮和也さんは
立川談志さんの弟子である談春さんの役を演じるのです。

SPドラマの主役であり、たけしさんとの共演という
こともあって、すこし緊張した面持ちで

「この作品に参加させてもらえるなんて、自分はとことんツイてる
人間だなっと。
でも運にすがらず、おごらず、真摯に向き合っていきます」

とコメントをしています。
他のキャストや放送日は今後、発表されるそうです。

さて、どんなキャストが選ばれるのか?
どんなドラマに仕上がるのか、ワクワクします。

二宮和也のプロフィール をご紹介しておきましょう。

WS000003

・生年月日 1983年6月17日
・血液型 A型
・身長 166.7cm
・出身地 東京
・体重 51㎏
また、二宮和也さんは映画では吉永小百合さんと親子役をする事で話題となった山田洋次作品『母と暮せば』に初めて参加されます。

WS000013

山田洋次監督と家が、国民的人気映画『男はつらいよ』をはじめ、『おとうと』『小さいおうち』などが有名です。

この『母と暮せば』は、時は1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子(吉永)の前に、3年前に原爆でなくしたはずの息子・浩二(二宮)が現れるという設定で物語が始まります。

と言うことは二宮和也さんは「幽霊」ってこと?なのですね。
もちろん、怖い映画ではなく、ほのぼのとしたファンタジー映画だそうです。

二宮和也さんの恋人役は黒木華さんが演じます。

この映画『母と暮せば』は2015年春にクランクインし、12月12日に公開ということで、随分先ではありますが、今から楽しみですね。
ではプチ情報として

松重豊さんの俳優としての二宮和也分析

WS000000

12月6日放送『嵐にしやがれ』で松重豊さんが分析し、このように言っています。

「二宮は『天才』の一言。台本7~8ページもある大変なシーンでも見事に演じ切る。ちなみに二宮は脇役の領域にも入ってくる器用さがあるとか。」

ん~!ますます俳優「二宮和也」から目が離せない~~!

 

二宮和也の熱愛遍歴

二宮さんの彼女については、他のページで詳しく。。。で、ここでは簡単に、これまでお付き合いをされてた女性をあげておきますね。
佐々木希さん・長澤まさみさん・椎名法子さん・井上真央さん・後藤真希さん・牧野田彩さん・水川あさみさんと美女ばかり。。。

WS000000

これでは、嵐・二宮和也は「嵐のスキャンダル番長」と言われすはずですよね。あっぱれあっぱれ!
また、二宮和也さんは結構オタクな面があるそうです。
ギター、ゲーム、マジックなど、ハマったものは寝食を忘れて深く追求するオタク気質があることは有名だそうです。
2915年の二宮和也さん、新春ドラマと年末の映画出演が決まっているので、大活躍間違いなしですね。

<スポンサーリンク>

コメントを残す