【役所広司主演】2015映画「日本のいちばん長い日」あらすじ 本木雅弘が天皇役!


終戦70周年を迎える来年8月、役所広司さんの主演で映画「日本のいちばん長い日」が公開されます。

WS000004

終戦前日からの24時間を再現した半藤一利さんのノンフィクション「日本のいちばん長い日 決定版」の映画化で、『クライマーズ・ハイ』の原田眞人監督がメガホンを取ります。

67年に初めて映画化され、故三船敏郎さんが主人公・阿南惟幾(あなみ・これちか)陸軍相を熱演し、大ヒットした作品です。

今作では、半藤氏のノンフィクション作「聖断 昭和天皇と鈴木貫太郎」(88年)で明らかにした昭和天皇と鈴木貫太郎首相が終戦に導いた事実を取り入れ、歴史を忠実に描いた新作映画になるそうです。
すでに撮影に入っており、役所が阿南陸軍相を演じるほか、共演者には主演級の豪華な顔ぶれがずらり並びます。

 

役所広司:阿南陸軍相
WS000010
本木雅弘:昭和天皇、
WS000011
堤真一:内閣書記官長の迫水久常(さこみず・ひさつね)
WS000012
松坂桃李:終戦に反対してクーデターを計画する畑中健二少佐
WS000013
山崎努:鈴木貫太郎役で登場し、重厚な演技を見せる。
WS000014
特に昭和天皇を演じる本木雅弘さんは、アカデミー賞を獲得した『おくりびと』以来、7年ぶりの本格スクリーン復帰となるとのことで、その演技が注目したいですね。

WS000020

 

<スポンサーリンク>ーーーーーーーーーーーー

原田監督は
「あの8月、天皇が自分の言葉で語り始めなければ、若き日の両親は国土防衛戦に巻き込まれ、命を落としていたでしょう」

「半藤先生の幾多の終戦にまつわる著作を何回も読み、天皇の勇気を支えたのが終戦内閣の鈴木貫太郎首相と阿南惟幾陸相のふたりであるとも確信しました。昭和天皇はあの8月まですべての家族の『家長』でありました。年齢的には、この三人は貫太郎さんを家長とする長男と次男の家族でもあり、そこに映画の根っこを置きました。映画『日本のいちばん長い日』は、幾重にも交錯する家族の、存亡を賭けた4か月のドラマです」
と語っていらっしゃいます。

WS000003
<あらすじ>
1945年7月、太平洋戦争末期。連合国は日本にポツダム宣言を受諾するように要求してきます。「降伏か、それとも本土決戦か」が迫られる。連日連夜、閣議が開かれるがまとまらない。

8月、広島、長崎に原爆が投下され、自体はますます悪化していきます。

一億玉砕論が渦巻く中、決断に苦悩する陸軍大臣・阿南惟幾と国民を案ずる昭和天皇、星団を廃止閣議を動かしてゆく首相の鈴木貫太朗、ただ閣議を見守るしかない書記官の迫水久常を描きます。

一方、終戦に反対する畑中少佐ら若手将校たちはクーデターを計画し、降伏を伝える玉音放送を中止させようと、皇居やラジオ局へと侵入し始めるのだが。。。

映画『日本のいちばん長い日』は2015年8月全国公開です!

<スポンサーリンク>

コメントを残す