【ウロボロス】生田斗真&小栗旬主演ドラマに広末涼子が出演! あらすじ・キャスト


女優の広末涼子さん(34)が、生田斗真&小栗旬主演ドラマ「ウロボロス~この愛こそ、正義」で、物語のカギを握る女性を演じることが分かりました。

WS000086

原作は「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」(神崎裕也)で、2009年に新潮社「週刊コミックバンチ」で連載開始された漫画です。

WS000090

普段は冴えない刑事なのですが、一旦スイッチが入ると常人離れした格闘能力を発揮するする主人公の龍崎イクオ。

演じるのは、2008年『魔王』以来6年半ぶりのTBSドラマ主演となる生田斗真さんです。

また、イクオの相棒で明晰な頭脳をフルに使って裏社会をのし上がっていくヤクザ・段野竜哉。
この役を小栗旬が演じます。

WS000080
また、イクオの相棒・日比野美月を演じるのは、上野樹里さんです。美月は東大出のキャリアで父は警察庁の上層部という超エリートという設定になっています。

WS000102

広末涼子さんは、2人が育った児童養護施設の職員、結子先生役で、小学生だった2人の目の前で殺されてしまいます。

母親のように接してくれた先生を襲った事件の謎を追うことが龍崎イクオと段野竜哉2人にとって、その後の生きる目的となっていくのです。
そして形見となったネックレスが真相解明の大きな手掛かりと。。。

WS000074
<スポンサーリンク>ーーーーーーーーーーーー

佐野亜裕美プロデューサーは、広末涼子さんの役どころについて「謎が解き明かされていくミステリーの縦軸を支え、全てのカギを握る重要な役です」
と話しています。
また、出演を依頼した理由については、「心の強さと透明感を併せ持っている広末さんにぜひ演じていただきたかった」といっています。

WS000111

そして初回に死んでしまうので初回しか出演はないのかしら?と心配しましたが、

初回だけでなく、謎が徐々に解き明かされていく展開に合わせて、ほぼ毎回登場する予定だとのことでほっとしました。

WS000076
<あらすじ>
児童養護施設・まほろばで育った龍崎イクオ(生田斗真)と段野竜哉(小栗旬)。
2人が小学生のとき、母親のように面倒を見てくれていた施設職員の「結子先生(広末涼子)」が何者かに殺されるのを目撃する。

犯人について2人は警察に証言するが、その言葉は“金時計”をした警察関係者に握りつぶされ、なぜか事件はもみ消された…。
それから20年。イクオは刑事となり、新宿第二警察署刑事課に勤務。イクオと組むのは日比野美月警部補(上野樹里)。

一方、竜哉は抜群の頭脳と知恵で暴力団・松江組の幹部として闇の世界でのし上がっていた。

警察とヤクザ…決して交わることのないはずに見える二人。その二人の目的は、事件を握りつぶした「金時計の男」を警察内から探し出し、真実を探り出し、最強の権力組織である“警察”の闇を暴くことだった。

「信じるのはお互いだけ…」誰にも知られてはいけない相棒として、龍崎イクオと段野竜哉の“二匹の龍”は“警察”という絶対不可侵の禁城に挑んで行く!

<スタッフ>
原作:「ウロボロス 警察ヲ裁クハ我ニアリ」神崎裕也(新潮社)
脚本:古家和尚
企画:那須田淳
演出:石井康晴
プロデューサー:佐野亜裕美

WS000116

<スポンサーリンク>
:見逃したドラマが~無料で楽しめちゃいます!:
クリック⇒ 日本最大級のビデオオンデマンド

<キャスト>
我孫子会の実質的な権力者            武田久美子
警視庁捜査一課の美人管理官           吉田羊
松江組で竜哉の腹心               ムロツヨシ
警視庁随一の情報通である警視庁人事課警部補   清野菜名
竜哉を執拗に追う新宿第一警察署のエリート刑事  滝藤賢一
美月の父で警視庁警務部監察課          光石研
新宿第二警察署刑事課課長            吉田鋼太郎

<スポンサーリンク>

コメントを残す